コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの状況

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
当社は、常に最良のコーポレート・ガバナンスを追求し、当社の持続的な成長及び長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・公正性を確保するとともに、保有する経営資源を十分有効に活用し、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させることがコーポレート・ガバナンスの要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実に取組みます。

  • 株主の権利を尊重し、平等性を確保します。
  • 株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働します。
  • 会社に関する情報を適切かつ積極的に開示し、ステークホルダーへの説明責任を果たすとともに、透明性を確保します。
  • 取締役会、監査役及び監査役会が経営監視監督機能を充分に果たせるよう、それぞれの役割・責務を明確化します。
  • 中長期的な株主の利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行います。

当社の企業統治の体制を図示すると、次のとおりであります。

PAGETOP