ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.ディスクロージャーの基準

当社は、金融商品取引法等の諸法令および東京証券取引所の定める有価証券上場規程の「会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」といいます)に従い、投資者の視点に立って迅速、正確かつ積極的にディスクロージャーを行います。また、株主や投資家の皆様をはじめとする全てのステークホルダーに当社を理解していただくため、重要あるいは有益であると判断した情報につきましては、特定の投資者に選別的に開示することのないよう、フェア・ディスクロージャーに努めます。

2.情報開示の方法

金融商品取引法に基づく法定開示情報につきましては金融庁の「EDINETシステム」、東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する重要情報につきましては「TDnetシステム」にて公開いたします。公開しました情報に関しては、当社ウェブサイトに速やかに掲載致します。また、法定開示や適時開示規則に該当しない情報を開示する場合にも、当社ウェブサイトやメディアを通じて、できるだけ公平かつ迅速に当該情報が広く伝達されるように配慮いたします。

3.業績予想および将来情報の取扱い

当社が開示する業績予想や決算補足資料中の将来予測、戦略、目標等のうち、過去または現在の事実に関するもの以外は将来の見通しに関する記述であり、これらは、当社が現時点で入手している情報および合理的であると判断される一定の前提に基づく計画、期待、判断を根拠としております。したがって、実際の業績は、経済情勢等様々な不確定要素によって、開示した業績予想等と異なる結果になる可能性があります。

4.IRの自粛期間

当社は決算情報の資料準備期間中に株価に影響のある情報の漏洩を防ぐ為、各四半期決算期末日の翌日から決算発表日までをIR自粛期間としています。この期間中は特定の投資家もしくは媒体に対して当該決算情報に関連するコメントや事業見通し・実績等の質問への回答を控えさせていただきます。ただし、既に公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。
なお、この期間中に適時開示規則に該当する事象が発生した場合には、速やかに情報を開示いたします。

5.その他

当ウェブサイト上での当社IR情報の閲覧にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみでなく、別途掲載しております「免責事項」も合わせてご参照ください。

PAGETOP